モテるために気をつけること

モテるために気をつけることとは?

オジさまが若い女性にモテるためには、どんなことに気をつけなくてはいけないのでしょう。普段の言動の中にも、注意するべき点があるのはご存知ですか? 本人に自覚がなくても、回りの人からみると色々な部分が気になるものです。以下の項目に気をつけて自分を磨くことで、すてきなモテオジさまに近づきましょう。

どんなことに気をつけるべきか

見た目だけでなく臭いも含まれますが、清潔感は気をつけるべきでしょう。どんなに立派でお金があっても、体臭がしたり、髪が脂っぽくフケがあったりしては、とてもすてきには見えません。たとえどんなに性格がすてきでも、それを知ってもらう前に人が近寄ってくれないでしょう。オジさまが若い女性の顔や体系を厳しくチェックするように、彼女達もオジさまが不潔でないか、健康的であるかをチェックしているのです。

言動がいかにもオジさまというのも、あまりモテません。おしぼりで顔を拭いたり、いわゆる親父ギャグを飛ばしたりするのはモテとは正反対の行為。「これだから若者は」や「今の若い奴はなっていない」というような発言もよくありません。同年代の女性からなら共感を得られる場合もあるかもしれませんが、若い女性と近づきたいなら絶対にしてはいけない言葉です。若い人の中に、その女性も含まれるからです。たとえ具体的な人物像をあげて否定したとしても、他人の悪口は面白くありません。女性の気持ちが離れることはあっても、それ以上近づくことは絶対にないでしょう。

また、道にタンを吐いたりタバコを捨てたりする人がいますが、モテる以前にマナーの問題です。どんなに着飾っておしゃれをしていても、これでは人としての魅力にかけてしまいます。下ネタもそうですが、下品な言動はその人の品格を下げるのに充分な行為であり、人としての価値を下げてしまいます。モテたいのなら、慎みましょう。

どうすればモテるのか

耳が痛くなるようなことばかり書きましたが、ではどうすればモテるオジさまになれるのでしょうか。察しのいいオジさまならおわかりでしょうが、上の項目で書いた気をつけたほうがいい言動を改めればいいのです。正反対のことをすればなおいいでしょう。

不潔にならないよう、毎日きちんと身なりを整えて清潔でいるよう心がける。オジさんと思われるような行動はしない。いくら自分が嫌いだとしても他人を悪く言ったり、不快にさせたりするような言動は慎む。いかがでしょう。文章にすると、とても単純で当たり前のことばかりです。もちろん当たり前だからといって、簡単に実行できるかというとそれは別。ですがここに書いたことは、オジさまに限らず老若男女全ての人に言えることです。人から好かれ、モテるのには、万人に共通する当たり前のことこそが大切なのです。

そして、これ以上のことができれば、モテるだけでなく人として成長するでしょう。それは、自分の清潔さに気を配るだけでなく、周囲の場の清掃もきちんとする。振る舞いに気をつけ、公共のマナーを守る。誰かを元気付けるような明るい発言をするということです。

モテるというのは、人間として魅力的であるということ。人としての魅力を極めれば、女性だけでなく周囲の人たちから信頼されるような、素晴らしいオジさまになることでしょう。

Menu