まったく知識もない状態から腕時計を選ぶための方法

ゼロからはじめる腕時計の選び方

時間は携帯電話、スマホで確認するから腕時計はいらない!そんな風に考えているオジさまもいらっしゃるのではないですか?確かに、時間を知りたいだけならそれで十分かもしれません。しかし、いちいちスマホを取り出して時間を確認するのはあまりスマートではありません。それに、人と一緒にいる時に、スマホをチラチラみていると、それは失礼でしょう。デート中だったら最悪です。私だったら怒って帰ってしまうかもしれません。

腕時計であれば、さりげなく時間を確認できるだけでなく、ファッションアイテムとしても活躍してくれます。
それに、あなたという男性をアピールするためのポイントにもなりますので、上手にチョイスしましょう。

しかし、腕時計の世界は非常に奥が深く、種類も豊富ですので何を選べば良いのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで、ここではまったく知識もない状態からあなたにぴったりな腕時計を選ぶための方法についてご紹介しましょう。

まずは無難な3針アナログ時計

腕時計といえば、多くの方が時針、分針、秒針の3針アナログ時計をイメージするのではないでしょうか?
腕時計のもっともスタンダードな形ですし、無難ですのでまずはここからチョイスしてみましょう。もっとも多くのメーカーが参入しているジャンルですので価格帯の幅もかなり広くなります。それこそ、1000円程度から高いものであれば数千万円を超えるものも存在しています。

こう言ってしまうと、余計に迷ってしまう事になるかもしれません。なので、まずは予算から絞り込んで行きましょう。
高ければそれだけ、有名ブランドのものやクオリティの高いものを選べますが、あまり無理をする必要はありません。よく、ローンを組んで高級時計を購入する、という方もいらっしゃいますが、そこまで無理をするのであればもう少し安い時計を選ぶべきでしょう。 年収でその人の価値が決まってしまうわけではありませんが、あまりにも生活の水準からかけ離れた時計をチョイスしてしまうと、どうしても腕時計だけが浮いたような印象を受けてしまうのです。

そのため、それほど無理する事なくすぐに現金で購入できる程度の価格のものをチョイスするのがベストでしょう。ちょっと奮発するにしても、ボーナスの範疇にすべきです。

さすがに1000円の腕時計ではあまり相手に良い印象を与える事はできませんが、国産ブランドのものであれば、3〜10万円ほどの予算でもそれなりのクオリティの腕時計を手に入れる事ができます。
シンプルな3針時計であれば、この価格帯でもよほど奇抜なデザインのものを選ばないかぎりはフォーマルでもカジュアルでも合わせられますので、一本で幅広く使えることでしょう。

最近、若い世代の間で安価なデジタル時計なども流行していますが、こちらをファッションアイテムとして使いこなすには少しセンスを要求されます。下手したらダサいオジさん時計になってしまう可能性もありますので注意すべきです。

このように、ある程度しっかりとした考えを持っていれば、あなたをアピールしてくれる腕時計を探すのはそれほど難しい事ではありません。しっかりと考えた上であなたにマッチする腕時計選びをしてみましょう。

Menu