デート代の割り勘に不満を募らせる、今時の女子たち

デート代にまつわる女性のホンネ

男女平等と叫ばれて久しい今日このごろ。ひと昔前のように「デート代は男性が受け持つべき」という価値観もすっかり失われ、恋愛シーンですら男女は平等になってしまったようです。

しかし内心「少しは男気を出してほしい」と思う女性たちは多く、つい余裕ある年上男性に惹かれてしまったりするのです。

デート代の割り勘に不満を募らせる、今時の女子たち

今は雇用も不安定な時代ですから、男性たちにも確かに経済的な余裕はなくなっているのかもしれません。そのせいか、デート代も普通に割り勘を求める男子が急増しています。

もちろん毎回何から何まで出せ、というのは酷なのですが、それでもたまのデートくらいは「おごってもらいたい」と思う若い女性は非常に多いようです。でもそれを彼には言えず、もんもんとしながらも半分出していたりします。

その点、バブルの時代を経験しているようなオジさまたちには、まだまだ男気があるようです。「武士は食わねど高楊枝」ではありませんが、たとえ懐が寂しい時でも、女性や部下の前では「俺が出すよ」とつい言ってしまう…そんなりりしい姿に、今時の若い女性はメロメロになってしまうはずです。

男性がデート代を受け持つべき理由とは?

わたしは個人的に、やっぱりデート代は基本的に男性が多く受け持つべきだと思っています。決してワガママとか高飛車とかいうことではなくて、それが「恋愛における自然な流れ」だと思うからです。

男性はもともと、好きな女性を手に入れるために努力をすることが好きな生き物です。あれこれ苦労して、やっと獲物(女性)を手中に収めた時こそ、オスとして歓喜の雄叫びを上げたくなる瞬間でしょう。

またプライドの生き物でもありますから、好きな女性の前では基本カッコをつけたいのが男性です。ですから、これから深い仲になりたいと思うような女性とのデートでは、借金をしてでもお金を出すのが本来の男性の姿だと思います。

「そんなの今時古すぎるでしょ」と言う若い男性も、デートの相手が大好きなアイドルや女優さんだったとしたら、彼女にお金を出させるようなことをするでしょうか?絶対、割り勘にはしないはずです。

ですから今の若い女性は、ある意味、彼氏にナメられていると言えるかもしれません。そのことにうすうす気づいていて、実は不満を募らせている女性は今、とても増えているのです。

ですからオジさまたちには、ぜひそんな女性たちのホンネを汲み取ってあげて、デートの間だけでもお姫様気分を味わわせてあげてほしいなと思います。男性からのエスコートに慣れていない女性ほど、感動が大きいはずですよ。

Menu