オジさまのエッチに求めるのは、勃起力じゃない!

「ED治療薬=カッコ悪い」は誤解です

最近、元気がないと悩んでいるオジさまたちの中には、「何となくカッコ悪いから」という理由でED治療薬に抵抗を感じている人も多いみたいです。女性の感覚ではちょっと理解できないのですが、「勃起力=男の能力」みたいなものなのかもしれませんね。

でも女性にとってみれば、薬を使ってエッチをしてくれる男性はカッコ悪くも何ともないんですよ。

オジさまのエッチに求めるのは、勃起力じゃない!?

歳とともにあちこち調子が悪くなってくる…それは誰だって同じです。特にEDは、陰茎というより血管の老化が大きな原因ですから、どんな男性にも多かれ少なかれ起こってきます。

ですからわたしたち女性は、オジさまがED気味でも特にカッコ悪いとは思いませんし、むしろそこにこだわるなら中高年男性を選んでいないわけです。テクニックには乏しくても、若くてエネルギッシュな男子を選んでいるのではないでしょうか?

でも年上がイイという女性たちは、男性の勃起力というより、スキルや経験を重視しています。じっくりと感じさせてくれるようなエッチに価値を感じるのであって、若い頃みたいな元気は決して望んでいないものなのです。

ED治療薬を使って、一緒に気持ちよくなりましょう

つまり年上男性とのエッチでは、前戯の充実を望むのが女性です。とはいえ、最終的には挿入もしてもらいたいですし、男性側にも気持ちよくなってもらいたいから、やはりある程度の勃起力は必要になると思います。

そのためにED治療薬を男性が使ってもらうことは、正直わたしたち女性にとっては嬉しいこと。「いや、君だけ気持ちよくなってくれればいいよ…」なんて思わず、ぜひ薬のサポートを借りて一緒に楽しんでもらいたいですね。

ちなみに、元気がないのに自力でムリに勃起させようと奮闘している男性の姿を見るのは、女性にとっては少しつらかったりもします。やっぱり事前に薬を使ってもらったほうが、ムードも壊れずに済むはずです。

3つの薬の中から、自分に合ったものを探して

ED治療薬といえばバイアグラが1番有名ですが、他にも「レビトラ」「シアリス」という薬もあります。たとえばレビトラは、バイアグラの「食事の影響を受けやすい」という難点をカバーした薬です。 あまりこってりした食事をとってしまうと、さすがに効き目が悪くなってしまうのですが、あっさりした食事を腹八分目にとどめた後ならOKとされています。

また「シアリス」のほうは、他の2つの薬よりも効果が長く続く点が特徴です。ですからいつエッチするか分からないような状況にぴったりですね。

このようにED治療薬にもいくつかの種類がありますから、初めて使う男性は最初色々試してみて、自分の体に合ったものを選んでみてください。

Menu