腕時計の本当の価値をしっかりと判断

腕時計の本当の価値

腕時計は高ければ高いほど価値がある…そう考えている方も多いかもしれません。確かに、高級ブランドの腕時計はそれだけ所有欲を満たしてくれるでしょう。 しかし、一見まるで同じように見える腕時計であってもあまりにも価格差があると「本当にそんな価値があるの?」と疑問を抱いてしまう方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、価値観は人によって異なります。だからこそ、自分自信に目で、あなたにとって本当にこれだけのお金を出して購入する価値があるのかを見極めてみませんか?

もしかすると、あなたの目で価値を判断する事ができるようになると、世界的に有名な高級ブランドの腕時計がつまらないように見えてきたり、低価格な腕時計にそれ以上の大きな価値を見出せるようになるかもしれません。

腕時計の価値はどこにある?

腕時計を時間を知るための道具である、という観点から見ると、やはり重要なのは正確に時を刻み続ける事になります。 そのために大切なのはムーブメントの精度でしょう。腕時計の心臓部ですので、そこにもっとも大きな価値がある、と考える方が多いはずです。

では、高級腕時計はそれだけ手のかかった精度の高いムーブメントを使用しているのでしょうか?確かに、パテックフィリップやヴァシュロンコンスタンタンのような超一流ブランドになれば、ムーブメントへのこだわりも半端ではありません。精度が高いだけでなく、設計も超一流です。その上、内部にあるパーツであるにもかかわらず、装飾が施されているなど、とことんこだわり抜かれています。 その作業のほとんどは手作業で行われていることもあり、あの価格分の価値は十分にあると言えるでしょう。

しかし、すべての高級ブランドがこのようにこだわってムーブメントを製作しているわけではありません。

もともと、スイスの腕時計メーカーの多くは汎用ムーブメントを使用していました。自社のみですべてのパーツを製作するにはコストがかかりますので、分業制となっていたのです。 そのため、有名ブランドのまったく別のモデルであっても、ムーブメントは同じものが使用されているというケースも少なくありません。

これは現在でも変わっていないのです。具体的なメーカー名はあげませんが、数十万円の腕時計と、数万円の腕時計の中身がまったく同じ…なんてこともあるのです。

近年ではネットの普及によってこういったことも広く知られるようになりましたので、より価値を付加するために自社でこだわりにムーブメントを作り始めるメーカーも多くなってきましたが、一昔前までは、外観やブランド名だけが違うだけの腕時計がいくつも存在し、モデルによってはとんでもない高値で販売されていたのです。

もちろん、ブランド名に価値がないと言っているわけではありません。有名ブランドになるためには、ある程度の歴史や、それなりの投資が必要となります。 しかし、腕時計単体の価値としてみると、高級ブランドのものだからかならず価値がある、とは言えないのです。

このように、腕時計の価値について考えてみると、さまざまな見方ができます。これらをしっかりと頭に入れた上で、本当にあなたにとってベストな腕時計を選ぶようにしましょう。 本物を見抜ける力…これも素敵なオジさまになるためには欠かせないポイントなのです。

Menu